奨学金制度が利用できる自治体

自治体奨学金制度の紹介!

奨学金は私も受けていましたが、そのときに財団法人からの奨学金と、学校自体で出している奨学金があるということを知りました。
しかしながら、都道府県や市町村単位などの、自治体の奨学金制度があるというのは、はじめて知りました。
なんでも、貸与奨学金と給付奨学金というものがあるそうです。私が受けた、育英会奨学金というのは、貸与奨学金だったので、卒業後返還しましたが、学校から出ていたものは、給付奨学金で、返還の必要はありませんでした。
自治体の場合は、両方の種類があるんですね。
条件ですが、その自治体が管理している地域に保護者が住んでいる場合、あるいは、その地域出身であるというのが条件のようです。
認定される人数は多くないようなのですが、条件のうちのひとつである、学力のレベルや所得制限などについては、それほど厳しい基準ではないようです。

ただし、気をつけなければいけないのは、他の団体からなどの奨学金を受けている場合は、認定されないこともあるようですので、事前に確認しておくことが必要です。
とりあえず、住んでいる地域の自治体に問い合わせたり、奨学金関連の情報サイトで確認して、地域の奨学金制度について確認した方がよいでしょう。
学びたい気持ちを大切にして、学費の支援を受ける制度はどんどん利用していきましょう。

住宅ローンシュミレーションを活用しましょう!

住宅ローンシュミレーション!金利・手数料比較!【借り換えは?】
住宅ローンシュミレーションすることによっていろいろな事が見えてきます!
新規に借りる時だけではなく、借り換えのタイミングや繰り上げ返済などをするときでも参考になりますので活用しましょう!
www.interuser.net/