消費者向けの信用団体生命保険

消費者信用団体生命保険の紹介

消費者信用団体生命保険とはなんでしょうか。
これは、消費者金融会社や銀行、信販会社といったものが、融資を受ける人となって、生命保険会社と契約をするものです。
どういう流れになっているかというと、借りるひとが、金融機関からお金をかりる契約を結ぶときに、借りる人の同意に基づいて、消費者信用団体生命保険に加入をします。
そこで、金融機関が生命保険会社に保険料を支払います。かりに、借りた人が、死亡したり、高度障害となった場合に、保険会社より支払われる保険金を、金融機関が受け取るということになります。

つまり保証人は自分の命ということになりますね。
無担保の場合は、こうした方法のひとつがあるようです。
保険料の掛け金は、契約した消費者金融側が支払うので、掛け金については、考慮する必要はないということになります。

このようなタイプ以外には保証人が必要だったり、担保が必要だったりする場合が多いと思います。
通常欧米などでは、担保があって借りるという場合が多いのですが、日本は信用社会なので、欧米とは違った独自のシステムもあるようです。
いずれにしろ、借りたものは返さなければいけませんから、プランを立てて計画的に返済するのが賢い方法です。
無計画で借りてしまうと、あとで大変なことになりますので、充分に気をつける必要があります。

住宅ローン関連リンク集

住宅ローン繰上返済シュミレーション!【手数料とメリットは?】
住宅ローン繰り上げ返済の計算はどのようにすればいいのでしょうか?また繰り上げ返済することで具体的にはどれくらいお得になるのかそのメリットについても考えています。
www.jutakuloan-kuriagehensai.com/